道路管理評価システム(ロードタイガー)

100km/h走行で道路評価測定 当社が独自に開発した高速仕様の路面性状測定車。
最高時速100km/hrまでの速度で、わだち掘れ、ひびわれ、平坦性(σ3m、IRI)の測定ができるほか、
GPSとジャイロの技術による路面の縦横断計測、非接触型計測による
スムーズで安全な計測が、一般車両の走行中でも可能です。
改良重点箇所抽出支援システム

わだち掘れ、ひびわれ、平坦性σ3mやIRIの単独評価、あるいは組合せの評価のMCIなどにより路面の健全性を評価し、舗装改良重点箇所の選定を行います。
またIRI算出用路面プロファイルによる段差量の評価や、ひびわれ測定システムによる平面的な損傷・異常箇所の発見も実施できます。

縦横断修正設計支援システム

当社の高速測定車は、舗装路面の管理に限定しない広域な調査が可能です。
キネマティックGPS計測技術により路面の縦横断形状を正確に、スピーディに計測し、「事故対策」「乗り心地対策」「沿道環境対策」および「災害予測」に繋がる情報を提供いたします。
この結果により、現況路面の「改良設計(縦横断修正設計)」を行い、「改良事業量の算出」を支援します。

■総合評価

当社では、わだち割れ、ひびわれ、平坦性、路面縦横断線形はもとより、排水機能さらには騒音値、吸音率等についても計測対応できる 全社体制を整えております。

紹介VTR